コメントは受け付けていません。

comment for 北海道帰省 釣り編





 
カエルをクリックすると投稿できます。
トラックバックは受け付けていません。

トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告  comment : × track back : ×

北海道帰省 釣り編

お待たせしました~~~~~((((((ノ゜⊿゜)ノ
お待ちかね釣り編でございます!
15日に北見に帰省したものの天気はあいにくの雨続きで写真がほとんど撮れずじまいでした^^;
16日に親父と二人でいつものダム湖へニジマスを釣りに向かいます。
IMG_1232.jpg
行く途中の山の中で何やらキノコを採集する親父です。
とりあえず到着しましたが、ライズもほとんどなく期待薄かなと思いつつ1年ぶり以上にキャストを開始します。
いつも通りルースニングで数投後マーカーが消し込みますが、合わせのタイミングが早かったのかすっぽ抜け^^;
何回かそんなやり取りを繰り返し、5回目のアタリでようやくニジマスをゲット!!
このダム湖相当な数の人が入って、リリースを繰り返しているために魚が相当すれているようで、合わせのタイミングは一定ではありませんがスジエビが繁殖しているので、それを食べて自然繁殖しているようで小さいのがかなり増えています。
釣れてくるのはほぼ20~30センチクラスですが、力強く時にはジャンプを見せたりとほぼワイルドに近い状態が保たれているのが、このダム湖のいいところです。
そうこうしているうちに、ホウライマスが釣れてきました!!
この個体はまだ何とか黒点が写っていますが、完全に銀毛した個体も結構いましたが、まだ放流したばかりなようでニジマスの子と同じくおっとりした顔つきですね。
何度か大物と思しき引きはありましたが、水中の木に回り込まれたりしてラインブレイクか鰓洗いからフックアウトみたいな感じでかなり手ごわかったです。
結局、二人ともアベレージサイズを釣って楽しみ午後はカラフトマスを狙い河口近くへ行きます。
IMG_1239.jpg
夕方近くに行き満潮を待ちライズを探すも発見できず、しかし入り込んでいる川にカラフトマスが居たので早速開始します。
タックルは#6スイッチロッドにシューティングスペイ用のラインで狙います。
釣りを始めて30分ほどで潮が完全に満ちてきて、そのくらいからナブラが出始め鰭も見えてきたので、期待が膨らみます。
まわりでは誰も釣れていません。
川の流れこみのサイドで引っ張りながら辺りを待つと、ドーンと大きなアタリ!!
しかし、次の瞬間ラインブレイク(゜ロ゜;)
まあこんなもんかと思いつつ、アタリはその一回きりで終了でした^^;
17日は雨の予報だったので、親戚周りをしましたが、天気も良くガックリ(´・ω・`)
翌18日は初日のダム湖へ一人で行きましたが、特に成果も無く一日粘って50匹ほどのニジマスとホウライマスに遊んでもらい終了。
帰省中期間を通してほぼ雨で、帰省前も雨だったため川は釣りにならず本来であれば、尺ヤマメを釣りに行こうと思っていましたが、さすがに天気には勝てませんでした^^;
でも久しぶりのフライフィッシングは最高でしたヽ(^◇^*)/
スポンサーサイト
category : フライフィッシング  comment : 0  track back : 0

thema:フライフィッシング - genre:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。