コメントは受け付けていません。

comment for アメマスの湧く川~withブロガー編





 
カエルをクリックすると投稿できます。

わ~ツララさんとか集合されたんですね。

ワイワイと楽しく満足いく釣りが出来てよかったですね・・・
てか超~~~うらやましいんですけど(爆
2007/03/25 22:28 | edit
posted by JTKNのしろ

昨日はお疲れ様でした私用により早々に撤収してしまいましたがまた是非今度は虹でも行きましょう!
2007/03/25 22:48 | edit
posted by mochi

コンバンミー。
SAGEさん、ありがとう!
本当に楽しかったなあー。
ラーメンも美味かったよ。
優しくって誠実なSAGEさんとまた遊びたいです!
2007/03/25 23:51 | edit
posted by ツララ

こんにちは上流域楽しまれたようですね(^^)
羨ましい限りです!! ドンドン変わる川の情報楽しみにしていますねー
2007/03/27 20:00 | edit
posted by aki

( ゜▽゜)/コンバンハ

JTKNのしろさん>仲間とワイワイやるのは楽しいですね^^僕もそのうち関西方面に転勤なので、今のうちに楽しんでおかないといけないのですよ^^;

mochiさん>とても楽しかったですよ^^今度は近場でニジですね!!

ツララさん>また遊びましょう^^今度は湖ですか?!

akiさん>ご訪問ありがとうございます<(_ _)>逐次十勝釧路方面の河川の情報アップしますので、どうかよろしくお願いします!
2007/03/27 20:11 | edit
posted by SAGE.com

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/30 14:35 | edit
posted by
トラックバックは受け付けていません。

トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告  comment : × track back : ×

アメマスの湧く川~withブロガー編

( ゜▽゜)/コンバンハ
SAGEです^^
今日は仕事のために今の時間の更新になってしまったことをまずはお詫びします<(_ _)>
昨日は、最近ほぼ毎週行っている道東はO川に行ってきましたので、その様子をお伝えしたいと思いますので、今日もお付き合いの程よろしくお願いいたします!!
3月24日土曜日
起床5時
自宅出発5時20分といつもより早めの出動。
なぜなら今回の釣行は、かねてからの予定でありあちこちからのブロガー達が集結する日だったのである。
まずは、「Middle Range」管理人のmochiさんとの待ち合わせのために河口へ向かう。
向かう途中に「ボ」の一文字が頭をよぎったため、十勝川に映る綺麗な日の出に思わずパチリ!
P3240340.jpg

一路O川を目指し前進する。
到着してみると既に数人がロッドを振っているが、mochiさんの姿がないので、とりあえず準備をしていると、それらしき車が到着し電話しようとしていたので、こちらから声をかけ合流する。
準備を整えいざ釣り開始!!
と早々にmochiさんヒット!!
さすがはと言うべきですね^^
開始と同時に釣ってしまいますw
僕は、さっぱりなので初めて巻いたゾンカーを試してみることにします。
いつも通りフローティングラインにショットをかまして、リトリーブ開始。
と間もなくラインがストップし、狂ったようにドラグを鳴らして走りだすではありませんか!
リールを変えてから初めてのまともなリールファイトに興奮!!
しかし、妙です。魚体を中心にしてローリングしています。
もしかして「スレ?」
でも魚体を見た感じでは、それなりに大きいようです。寄せては走られの繰り返しで数分後に上がってきたのはこいつでした。
P3240341.jpg

58㎝の立派なシャクレたアメマスに僕は既に満足状態^^
そして、今回ブロガー集結編と書きましたが、「道東トラウトパラダイス」のウーリーさんと「THANK YOU TROUT」のツララさん達と合流し、ブログマスターが一同に会しました。
その後、僕は対岸に移動しルースニングで2匹(尺岩魚サイズでした^^;)追加して、河口をあきらめて移動することに。
移動の前にウーリーさんの友人の「道東フィッシャーマンakiの活動」のakiさんとお会いして、とりあえず4人ならば二手に分かれてそれぞれポイントへ向かいます。
僕とツララさんが目指したのは、上流部のとあるポイントへ。
以前ウーリーさんとご一緒した時に、アメマスの黒い塊となっているまさにアメマスの湧く淵での釣行に、恐らくもう下っているあろうとは思いつつ時間はあるので、釣り下る魂胆でポイントへ向かいます。
まず入ったのは、流れが緩くなりまさに淵と言った感じのポイントです。対岸に渡りまずは魚がいるか確認すると、以前のように大群ではありませんが、大きいのが数匹泳いでいるのが確認出来ますが、ツララさんに数回のアタリがあった以外目だった反応は無く、更に下流のテトラのあるポイントに向かいます。
このポイントは、以前来たときにはサイズは小さいが、コンスタントに釣れた実績ポイントです。
と間もなくツララさんが、ロッドをしならせているではありませんか!!
P3240344.jpg

サイズは期待していませんでしたが、結構な引きにツララさん雄叫びをあげて楽しんでいる様子w
その後コンスタントに結構な数を釣ってすっかり満足した様子のツララさんが、「お腹一杯!!」満足していただけたようです^^
僕はって言うと、こんな感じです^^
P3240342.jpg

P3240343.jpg

このポイントは前回よりもサイズが大きくて釣り上げた魚のほとんどが、40アップで予想もしない釣果にすっかり満足し、下流にいるであろうウーリーさんとakiさん達と合流しようと下流へ向かうと、途中の橋のあるポイントに2人の車を発見し声をかけると、ドライでそれなりの釣果とのことで、河口でのビッグワンを期待して最後の一勝負を河口でと言うことで、再び河口へ向かいます。
到着後、昼食もまだだった僕とツララさんは昼食ということで、かねてからリクエストのあったラーメンを作り腹ごしらえをして、再び釣り開始!
しかし、この日の音別は釣れる場所が決まっているらしく、さっぱり釣れません^^;
ウーリーさんとakiさんは、その後明るいうちに帰路につかれ、僕とツララさんは夕マヅメにかけましたが、不発に終わり釣りを終えることにしました。
昨日は皆様遠路はるばるよくおいでくださいまして、僕としては非常に楽しい時間を過ごさせていただいて、感無量でございます<(_ _)>
また機会がありましたら、ご一緒しましょうね^^


独り言
最近yahooオークションでロッドを物色していますが、一番気になっているのはやはりダブルハンドロッドです。きっとダブルハンドロッドがあれば、最近悩まされている拳の痛みからも解放されそうなので、掘り出し物を探して今年中にはデビューしてみたいものです・・・。
スポンサーサイト
category : フライフィッシング  comment : 6  track back : 0

thema:フライフィッシング - genre:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。