category : 美味いもん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告  comment : × track back : ×

クリスマスディナー

今日は世間ではクリスマスなので家でも暇を持て余している俺が一人家でクリスマスディナーを作ります( -.-) =зフウー
気合を入れて今年は、ミートローフ、手羽先のロースト、ピザをすべて手作りです!
つい最近電子レンジを新しいものに入れ替えたので、下ごしらえをしっかりとしたら後は待つだけでした^^
出来た料理はこんな感じで盛り付けて、手作りクリスマスディナー仕事から帰宅した嫁と二人ささやかにパーティーしました(〃 ̄▽ ̄)o-o∠※PAN!"。・:*:・゜☆メリークリスマス・:*:・゜☆
category : 美味いもん  comment : 2  track back : 0

thema:男の料理 - genre:グルメ

家でピザを作ってみた・・・

ピザ2
ピザ
上 トマトとベーコンのピザ
下 ナスとトマトとベーコンのピザ

生地はホームベーカリーを使って作りあとは生地を伸ばして、トッピングをしてオリーブオイルをかけてオーブンで焼くだけと非常に簡単でした!
家で作ると焼き立てが食べられるので楽しみにしてはいたのですが、いざ作ってみると予想以上のおいしさに(ノ゜⊿゜)ノびっくり!!
お勧めはトマトとベーコンのピザで、これはとても甘くておいしかったw
今度はこれでホームパーティーをしたいですなw
category : 美味いもん  comment : 4  track back : 0

thema:ホームベーカリー - genre:グルメ

節分の後に・・・

節分も終わり毎年節分に撒いた落花生を処分するのにいつもは、ピーナッツ味噌(ピーナッツを炒って味噌と砂糖と酒を合わせたもので、ご飯のお供に頂きます)にするのですが、今年はちょっと変わったものを作ろうと思い立ち、作ってみたものを今日は紹介したいと思います。
何を作ったかと言えば、ずばり「ピーナッツバター」を作ってみました。
毎年のことながら、全てのピーナッツを剥くのは結構きついですが、全て剥いた後の充実感は、フライを作るのに必要な集中力を養うのに最適です^^
って前置きは置いておいてですね、作り方を紹介します^^
1、まず落花生は、皮と渋皮をむきます。
2、むいた落花生をすり鉢に移して、油分がにじみだしてペースト状になるまで、よくすりつぶします。この時最初の量の半分近くまで目減りしますが、気にしないで下さい。
3、すりつぶした落花生に好みの量の砂糖(この辺は味見をしながら様子を見て)とお好みでハチミツをたらし更にすりつぶしていきます。そして、塩をほんのひとつまみ(量により加減してください。甘さが引き立つので必ず入れたほうがいいと思います)
4、恐らくこの段階までで、水分がほとんど失われてパサパサになるか団子状になると思います。ここに少しずつ牛乳を加えて練っていくと、適度に粘り気とツヤが出てきますので、お好みの硬さになるまで牛乳を加えていけば出来上がり!

完成品です^^
ピーナッツバター

ピーナッツのつぶつぶ感が適度に残っていて、香りもたっていてとてもおいしいです^^
更につぶつぶ感が欲しい人は、出来上がったものに粗く砕いたピーナッツを入れるといいと思います。
あともう少しコクがあればなぁって方は、牛乳の変わりに生クリームなどを使用すれば、よいと思われます。
恐らくこのブログを見てくださっている方の大半は、男の方でしょうがご家庭で作ってみてはいかがでしょうか?結構力のいる作業なので、普段料理しないよって人は、奥さんやお子さんに作ってあげれば家庭円満でなおかつ、お父さんの株も上昇すること間違い無しです^^
安心無添加、パンのお供にピーナッツバター作ってみてくださいね!
ではマタネッ(*^-゜)/~Bye♪

現在皆様のおかげで、60位台をキープしていますw
帰る前にポチッとしてください<(_ _)>
FC2 Blog Ranking
category : 美味いもん  comment : 2  track back : 0

thema:料理 - genre:趣味・実用

お好み焼きでも食べようかw

今日はいつもと趣向を変えまして、美味いもんレポートでもしてみましょうw
本日のお店は、帯広市内に店舗を構え、夫婦で山奥に住むという離れ業をやってのける「なんちゃっ亭」へ行ってまいりました。
ここのお店の店主はブログを開設していますので、訪問してみてください^^笑えますw「馬とニャンコと男と女
まずはこのお店を知ったきっかけなんですが、たまたま家が近いことと、看板に確か大阪人の店とか書いてあって、きっと濃い人がいるんだろうなぁなどと勝手に想像していまして、なかなか来店にいたらなかったのですが、ある時パソコンで十勝の情報を検索している時に偶然発見したのが、前述のブログでしたw

帯広市内に越してきて2年間たっても、行っていなかったのですが、結構ブログで気になる記事を見て、いてもたってもいられなくなり、コメントしてみて、そして行動を起こすわけです・・・。

まず、ブログのコメントに「近いうちにお邪魔しますw」などとコメントしておき、翌日に訪問wまあ僕には、よくあるパターンですよ^^;


ドアを開けいざ店内へ~!!

「いらっしゃいませ。2名様ですか?」
「ハイ(^-^)/二名です(いや2頭ですからw)あの僕ブログでお世話になってるSAGEです^^;」
「ええ?!もう来たんですか?!」

そりゃあビックリしますね^^;
コメントした翌日に行動するなんて、誰も思わないでしょうからねw
店には誰もいないので、しばし談笑です^^
うちの嫁は関西の奈良出身ということで、フレンドリーなご夫婦の雰囲気ですぐに打ち解け、注文するまで約10分の間、話し込んでいましたが、とりあえず本日の主題の美味いもんというわけで、紹介いたします。

まずは「牛トロ焼き」です。これはお好み焼きの上に、生の牛肉のフレークがのってまして、特筆すべきはこの牛の脂です!!なんと、体温で融けるそうです!!早速食べてみましょうw
口の中に入れた瞬間にとろける脂が、口の中にしつこさを感じさせません!!そして、最近我が家では、どうも牛肉のあの臭みが嫌であまり食べないのですが、その臭みがまったく無いどころか、甘くてなんとも言えない、旨みが口の中いっぱいに広がっていきますw
そして、お好み焼きといえばソースですが、この「牛トロ焼き」には、わさび醤油をかけるのですが、これがまたいい味をかもしだしております。さらに言いますと、生地がさっくりとして軽く、おそらく軽く2枚はいけるのでは??と思うほどでしたw

お次は「たこ焼き」です^^
今日注文したのは「ぜいたこ」なるもので、3種類の味が楽しめますw
「チーズ」「キムチ」「えびチーズ」とあるのですが、ここのはセルフで焼くことも可能だそうで、家族や友達とワイワイやるのが楽しそうですねw
本日は店主に焼いてもらいました^^
お味は、やはり本場のたこ焼きですね!
外は香ばしく、中はとろーりとしていて、その昔大阪で食べた味だ!!などと懐かしく感じましたwだって北海道のたこ焼きって硬いですから^^;

お次は「焼きそば」ですw
普通こちらで焼きそばと言えば、縮れ麺ですが、こちらは太いストレート麺にこだわっていらっしゃる!
これが、ソースとベストマッチで麺がしっかりしていて、非常に美味しいのです。こちらのお店には、これ目当てで通っているほどの美味しさで、是非食べてもらいたい一品です。

そして本日最大の美味いもんは、こちらの店でも季節限定でしか出せないという「ぱりぱりキャベツ」です^^
こちらは、店主のご好意でサービスしていただいたのですが、まずは生でいただきましょうw見た目はもう普通じゃありません!キャベツの肉厚なことって言ったらないですねwキャベツってへなへなした印象がありますが、このキャベツヒラヒラと動きません!実にしっかりした肉厚のあるキャベツです^^
口の中へ入れますと、ぱりぱりといい歯ごたえを感じ、程なくして甘さが広がります!!まさに、「キングオブキャベツ!!!」このキャベツ無くしてお好み焼きは、語れませんぜwってな感じですw
そしてこのキャベツには、相棒がいて店主の手作り「にんにく味噌」をつけていただきますと、にんにくの香ばしい香りと、甘辛い味噌がかもしだすハーモニーがさらにキャベツの甘みを引き出し、混然一体となって、これでもかっていう位美味しさを発揮しています。
今日の一番は、やはりキャベツでしたよ!!

正直、来店するまでいつもそれなりに混んでいたので、多分美味しいんだろうなぁなんて思ってましたが、正直ここまで感動したのは他にないでしょうw
そして何と言っても、ご夫婦の人柄の良さが一層このお店の雰囲気を良くしているんだなぁってつくづく感じましたよ!!
率直な意見を述べさせて頂きますと、もう他の店には行けませんwこの美味しさたくさんの人に教えてあげたいですよ!!
とまぁ今日は本当に、突然の来訪にも関わらず、嫌な顔一つせず対応いただいた、ご夫婦に感謝です^^
本当に美味しいものをありがとうございました<(_ _)>

てなわけで、本日の美味いもんリポート終了させていただきます<(_ _)>
category : 美味いもん  comment : 2  track back : 0

thema:これは美味い!! - genre:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。