category : 釣り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告  comment : × track back : ×

行こう!!食べるための釣り!!

昨日は職場の後輩と二人ちょっと山奥へ、食べるためのお魚釣りをすべく前進したのであった・・・。
午前4時半待ち合わせに少々遅れて後輩登場^^;
コンビニに寄り朝ご飯を調達して、以前turiskiさんと来たヤマメのいる川へo(゜▽゜ヽ)(/゜▽゜)o レッツゴー♪
2.7mの渓流竿を2本セット(後輩は釣り初心者)し終えて、いざ餌を持って川へレッツラゴー!!!
前回よりも川は大幅に減水しているものの、長靴釣り師二人にはベストコンディション^^
早速ポイントを教えて釣らせていると早速後輩にhit!
川カジカがお出迎えです^^正直この魚がいる川は十数年ぶりですね♪
僕はファーストhitでかいぞなんて言ってたら、Qさまでした^^;
後輩はでかいですね!なんてしきりに感心していたが、そんな偉いもんじゃねえよと軽くあしらいつつ、久しぶりの餌釣りの感触はたまりませんw
そうこうしているうちに、後輩がようやく本命のヤマメをGET!およそ15センチの大物です^^
そうしているうちに僕もhitで、その後は同じ場所で後輩は5匹程で僕は10匹くらいを釣り上げて、ポイントを移動です。
その後もポイントを変えて結構数を稼いできたので、ここは一発大物狙い(虹鱒も含めて)で上流へ走ります。
いかにもな場所を発見し粘ること5分ほど・・・。
後輩にhit!!!
竿がが弓なりにしなり、あがってきた魚が!!!
しかし次の瞬間魚が落下( ̄0 ̄;アッ
パッと見た感じ尺に近いヤマメだったと思われます^^;
その後小さいヤマメを追加して一路近所の河川へ向かいますが、ノーフィッシュでストップ餌釣り。
家へ帰り魚を調理します。
P8160134.jpg
今回は川魚初心者のうちの嫁とその友達と僕の後輩4人でいただくので、結構な量になりました^^;
なので唐揚げにすることに!
P8170135.jpg
先日母親に作ってもらったかき揚も冷凍したものを解凍して、山の幸をみんなでいただきました^^
僕はなじみの味なので、正直ほかの人の口に合うか心配でしたが、結構みんな食べてくれたので一安心^^v

さて次は何を釣りに行きましょうかねぇ♪

そろそろ鮭をフライで釣りたいですなぁ・・・。
category : 釣り  comment : 3  track back : 0

thema:釣り - genre:趣味・実用

今週こそは!!

ここ一ヶ月ほど、60センチアップに程遠い我が釣行であるが、ちらほらと爆釣の兆しが見え始め心は躍るばかりで、行ってみないと分からないのが釣りだと思いつつ、心の中では爆釣シーンを繰り返し再生中のやや壊れ気味の僕・・・。
でも正直言うとここ最近は、遅めの出動が少なからず影響しているのは間違いないと思われる。
と言うのも早出をして行っていた2月には、少なからず嫁様に負担をかけていたのだと思い、3月に入り出動時間をずらしていたのが、本当のところなので今週はいつもの時間に戻しての釣行を考えている!!
5時半出発!7時到着!!
これで爆釣間違いなしと一人ニヤニヤSAGEでした^^;
category : 釣り  comment : 0  track back : 0

thema:つぶやき - genre:日記

年末年始編PART3~釣り三昧編(完結)

こんばんはSAGEです^^
さて5回に渡りお送りしてきた、年末年始編ですがそろそろ「長いよ!!」との声が聞こえてきそうなので、今夜で完結致します^^;
本当は昨日終わる予定だったのですが、急遽本日まで延期したことをここでお詫びいたしますm(。_。;))m
それでは、ラスト釣り三昧編いってみましょ~!!
1月4日、朝から小雪の舞う中、本日帰宅予定であるにも関わらず行ってしまいましたwチミケップ湖に^^
ここでちょいと「チミケップ湖」についてお話しておきましょう。

チミケップという名はアイヌ語の「チミ・ケ・プ(分け・削る・もの)」に由来しているといわれております。
生息している魚類については、ウグイ・コイ・ヒメマス・アメマス・ニジマス・トゲウオ等が生息しております。そして、興味深いのはマリモが数少ないながらも生息しております。発見当初は「カラフトマリモ」と言う種類が発見されたそうですが、実は昔、阿寒湖に水力発電所が出来た当時にマリモが減少したそうで、種の絶滅を防ぐために阿寒湖産のマリモを移植したという、事実もあるそうで阿寒湖産とカラフトマリモが混在する湖だそうです。
この湖のある場所ですが、津別町にありアクセスについては北見・訓子府・津別からの道路がありますが、いずれも未舗装でたまに、ガケ崩れや倒木が道路をふさいだりするので、十分な注意が必要となります。また、冬のアクセスについては北見方面からの道路しか除雪していないので、お越しの際は十分注意するようお願いします<(_ _)>
ちなみに北見からのアクセスだとおいらの実家のすぐ脇を通りますので、注意して見つけてみてくださいwヒントは、道道北見~津別線の途中にある、神社ですw

話はそれましたが、本題に戻りましょう^^;
さて午後には、帯広に帰宅せねばならないこの状況で、おいらがだした答えは当然、「午前中釣りをして帰る!!」でしたw
なんたって、チミケップ湖でワカサギ上げてませんからね^^
てなわけで、少し早めの出勤で8時半に出発して9時開始です。
到着後いそいそと準備を済ませて、仕掛け投入予定通りってなわけで、おいら一人をテントに残し、親父は大物仕掛けのセッティングに向かいます・・・。
そして、数分後おいらの竿にアタリが来ます!!
ググッと引くこのアタリは??
底でおとなしくなります・・・。
( ´△`)アァ-
ウグイでした・・・。
とりあえずボウズ無しですので、ここは我慢です。
更に数分後に、またしてもアタリがw
今度はコンコンとつつくようなアタリです。
ググ~と引き込むようなアタリを確認してあわせると、結構大きいようで、竿が大きくしなりますがウグイでないことは、確かです。
リールを巻き上げ、穴から引きずり出すと・・・。














初T湖ワカサギ

はい出ました^^
7センチはあろうかという、大きなワカサギGETです^^
今シーズンの初物がこの大きさとは、期待大!!
しかし、ここからがチミケップ湖がチミケップ湖たるところで、待てど暮らせど大きな群れにあたる様子は無く、散発的なアタリを逃すと全く釣れない状況です^^;
しかし、その間にもアメマスが釣れてみたり、大物仕掛けの糸が切られたりと、マスたちの活性は高いのですが、ワカサギだけは群れていない様子で、結局ウグイたくさん、アメマス1匹、ワカサギ1匹とたいした釣果も無く予定のお昼を迎え、泣く泣く終了と相成りました(ーΩー )
毎年、この時期には訪れるのですが、ここまで渋いのは久しぶりで参ったと言いたいところですが、この所かなり爆釣を体験していたので、たまにこういった玄人はだしの渋い釣りも、集中力が増してなかなかいい感じだったことを付け加えておきましょう^^

最後に、帰り際のチミケップ湖です。
4日のチミケップ

天候は最悪でしたが、たまにしか来ない実家で久しぶりに親父と立て続けに釣りに来られたことを感謝します^^

僕が小さい頃に、初めて釣りを覚えたのはこの湖でした。
親父と2人でよく山に川に海にと、キャンプをしたり旅をしたりと思い出がふつふつと蘇ってきます。
僕に釣りとの出会いを与えてくれた親父に感謝しつつ、年末年始編を締めたいと思います^^
それでは、長らくご拝読いただいたことを感謝しつつ今日の記事を締めます。
ありがとうございました<(_ _)>

















次回予告!!!





年末年始編~番外企画!!
明日は「ニャンコ編」をお送りいたします^^
登場ニャンコにつきましては、当然の実家のニャンコ達と網走湖へ行く途中に見つけた、親子ニャンコをお送りいたしますので、「( ̄д ̄) エー釣りじゃないのか!!」と言わずにご覧下さい<(_ _)>
category : 釣り  comment : 4  track back : 0

thema:フィッシング - genre:趣味・実用

年末年始編PART3~釣り三昧編(2)

さて1月4日より続いたこのシリーズもいよいよ佳境に入って参りました^^
本日は2本立ての予定でしたが、ちょいと用事が立て込んでいるので、網走湖編1本でお送りいたします<(_ _)>
1月3日晴れ、気温1℃と申し分のない天候になった、網走湖釣行。
今日は、末の妹と嫁様を帯同してのファミリーフィッシングといった趣でスタートです^^
出発は午前9時、見渡す限りの青空です^^
現地到着は10時半で、概ね予定通りで網走湖畔は見渡す限り、様々な色のテントと人の群れで、氷割れんだろうかなどと変な想像をしつつ、ソリを車から降ろし、嫁様と妹を連れて湖面へ歩き出します。
管理棟からおよそ50mくらいの近い場所に3箇所穴を開けてもらい、竿を準備して、まずは1本嫁様にに渡し仕掛け投入と同時にヒットですw正直これは予想していたので、想定内ですので慌てずに針を外し嫁様に「1匹じゃなくてもっと数つけてからあげてねw」とお願いし、再びセッティングにかかります。なんせこの2人は餌も付けれないし魚も外せませんので、ここはおいらが頑張らねばなりません。
そうしているうちに、妹の竿も準備が終わり、ここで魚の外し方のレクチャーです。説明して一応自分で釣った魚を外せるようになったので、後は自分の竿の準備です。
網走湖は浅いので、自分用の竿はリール無しの糸巻きがついただけの竿をチョイスしておいたので、パパッと準備を済ませ仕掛けを投入いたします。
今回の網走湖上は非常に天気が良く、テント無しでも手袋を外して釣りが出来る程の天候で、更に魚のツキもよく入れ食い状態でした。
さて、一番遅れて釣り始めたわけですが、経験は当然一番ですから負ける訳には行かないと言うわけで、テンポ良く2~3匹かけては、外して投入といった作業を繰り返し、開始10分ほどで同じくらいの釣果に嫁様は「なんでそんなに釣れるのさ・・・。」とぼやきつつ楽しんでいる様子です。
妹様

これは妹です。

嫁様

でもってこれが嫁様です。

妹は黙々と釣り、嫁様とほぼ同量といったところで、ご両人は寒くなってきた1時過ぎに車に戻ると申しますので、竿1本を撤収して2本竿で釣ることに^^;
その後、2時間釣り続け結局寒さに負けて午後3時計量して終了いたしました。
結果は、妹300g、嫁様300g、おいら1.5kgで当然の結果となりました^^
ちなみに去年はと申しますと同様の地点で、親父と合わせて4kg釣りましたので、去年よりは釣果が落ちるといったところですが、近所に配ったりするのには、十分な量ですw
もう一つ情報を入れておきますと、もうそろそろワカサギ漁の網が入るそうで網が入るとほとんど釣れないそうなので、参考までに情報をあげておきます^^;
以上で本日の記事終了いたします^^

明日は、1月4日のチミケップ湖編をアップいたしますので、お楽しみにw
category : 釣り  comment : 2  track back : 0

thema:フィッシング - genre:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。