category : ニャンコ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告  comment : × track back : ×

年末年始編番外企画~「ニャンコ」編

こんばんはSAGEです^^
今回は昨日の予告通り、番外企画「ニャンコ」編をお送りいたしますw
猫って動物は気まぐれで、なかなかいい顔を見せてくれません^^;
実際写真を撮るのにものすごく苦労しましたが、苦労したかいがあって自分的にはなかなかいいのが撮れたのでは思っていますので、ご覧下さい<(_ _)>
銀蔵

では一枚目です^^
これは以前の記事でも紹介した、「銀蔵」です^^
あの愛らしかったニャンコがこうなってしまいました(--;)
なぜか年をとるごとに顔の黒いのが一層黒くなり、暗いところで見ると目がランランとしていて、実に奇妙な奴です^^;


チョロ

でもってこいつが、廃車の奥で鳴いていた「チョロQ」略して「チョロ」でして、こいつは拾ってきたときはゴワゴワフワフワしていていたのですが、今では毛並がツヤツヤで大変美しい猫に変身していますw

クマ

でもってこいつは、「クマ」と言いましてどうやら一昨年からいたようで、最近存在に気づきました^^;実はこいつと「チョロ」を勘違いしていたようで、親父にそれは「チョロ」じゃないぞと言われて気づいたというどうしようも無いほどあほなおいらw
でもって後の二匹は名前だけです^^;あまりいい写真が撮れなかったので(--;)
「シロ」と「ミーヤン」で、こいつらは昨年亡くなった「太郎」という猫の子供達で、そろそろお年寄りなもので最近は昔ほど暴れないで、おとなしく隠居生活をエンジョイしているようです^^種類的にはシャムの雑種で、ほぼ「銀蔵」と同様の姿形で、大きさが違います^^

さてここからは、網走へ行く途中に見かけた親子の写真ですw
ニャンコ

恐らく後ろの一匹がお母さんで、前の2匹は子猫と思われますw
このニャンコ達は、北見市内のコンビニの住宅に住み着いていると思われますが、割と人馴れしているようで、しゃがみこんで呼ぶと1mくらいまでは、近づいてきてくれます(▼∀▼)
でもって、これは子猫2匹が近くにあったソリで遊んでいる様子を撮影したものです。
ニャンコ2

この寒空の中を生き生きと駆け回る子猫2匹は、心配そうなお母さんニャンコをよそに元気に遊びまわり、見ているこっちも思わずヒヤヒヤしてしまいます^^;
ニャンコ3

おや?飽きたようで、この後無事お母さんニャンコとどこかへ、行ったようです^^

皆さんは動物お好きでしょうか?僕は大好きです^^
見ているだけで、癒されるというか和んでしまいますw
こんなニャンコですが、また機会を見て記事をアップしますので、飽きずにご覧下さい<(_ _)>
category : ニャンコ  comment : 4  track back : 0

thema: - genre:ペット

こんばんにゃw

今日はとある人達からの要望もあるだろうと思いまして、ペットの話でもしてみましょうか^^
うちでは、団地住まいでペットも飼えないので、実家で飼っているのですが、その数、犬4頭に猫4頭とこれでも減ったんですけどね^^;
てなわけで、明日の仕事に響かない程度に今日も行ってみましょう♪
うちの実家にはさっき書いた通り、犬猫が8頭いてさながら『ミニムツゴロウ王国』とでも言いましょうか、結構にぎやかなうちです♪
さてその中でも、僕が拾ってきたやつが2頭ほどいまして、名前は「銀蔵(ギンゾー)」に「チョロQ(チョロキュー、略してチョロ)」と言います。
まずは銀蔵ですが、こやつは職場の近くで真冬に車の下で親とはぐれて、鳴いていた所を職場の先輩が、拾ってきたもので当時僕は、職場の整備工場で車の整備をしていたのですが、多少なりとも猫の知識はあったので、まずは冷えた身体を温めるためにツナギのポケットに入れて落ち着いた頃に事務所でプラボックスに入れて過ごすこと1週間、実家に連絡をとり親父に話をつけて、連れて帰ったのですがその時には手のひらサイズの可愛い奴だったのですが、一ヵ月後に帰ると手のひら2つ分になっていました^^;
こんな感じです・・・。
銀蔵2

まあそれでも子猫は可愛いもので、事務所で結構かまったりしてやったので、それは覚えているらしくて僕が実家に帰るとちゃんと玄関で座って待っていまして、それはそれは可愛い奴なんですよw

銀蔵1


ほら可愛いでしょ?
これは、うちの兄貴が趣味で写真を撮っていてそれをもらってきたんですけど、この写真が飲みに行ったときに武器になりますw
猫まっしぐらならぬお姉ちゃんまっしぐらですw
ちなみに今銀蔵は白かった部分が黒っぽくなってしまって、黒猫もどきになったことは内緒ですw

次に『チョロQ』ですが、こいつは実家の廃車のタイヤの奥で鳴いていた所を保護して、即日実家で飼うことになりました♪
毛色は今まで飼ったことのない真っ黒猫で、こいつはかなりのやんちゃ坊主で、家の中をそれこそオモチャのチョロQのごとく駆け回っていたので、その名前がついたのですが、今ではいつでもどこでも寝ていますが、人に甘えることを覚えたようで非常に人懐っこいニャンコです^^

今日はこんな感じで記事を終えますが、一言どうしても言いたいことがあります。
今回紹介したニャンコ達は、僕が親とはぐれていたのを保護してきたわけですが、うちの実家では(山の中です)たまに家の前に子犬が捨てられたりしていたこともありました。
正直なところ、そのような捨て猫、捨て犬は飼い主としての責任放棄そのものであり、絶対に許されてはいけないことだと考えます。
うちの実家では、子犬や子猫が出来たらなるべく、貰い手を捜して飼ってもらうようにしていましたが、今は避妊手術を受けさせて増えないようにしております。
増やすことが、ダメだと言っているわけではありませんが、もしも増えて困るようなら最低限外に出さないとか、つがいで飼わない等の処置をするのが、飼い主としての最低限のマナーと考えます。
実際に捨てられて一番辛い思いをするのは、捨てられた猫や犬達であって飼い主ではありません。
そのことを是非少しでも多くの人に考えてもらえたら、僕は記事を書いた意味があると思いますので、是非考えてみてください。
人間はよっぽどの事情があれば別でしょうが、捨てられることはありません。捨てられた犬や猫達が保護されても行く先は保健所で貰い手がなければ、薬殺処分という現状を踏まえて皆さん考えてみてください。
少しでも多くの捨てられた動物達のことを考えてあげてください。
拾って飼えと言っているのではありません。
少しでもいいので考えてみてください。
僕は、この記事を通して少しでも多くの動物達が救われることを切に祈っております。





編集後記 今日はいつになくシリアスな内容でしたが、小さなことでも初めの一歩が大切なので、皆さん一歩踏み出してみましょう。僕はいつもおかしな記事を書いているのですが、たまには社会的なことも書けるのだぞ!と主張してみましたが、この記事がどれだけ影響を与えるかは分かりません。恐らくそんなに反響を呼ぶことは無いでしょうが、少しでも多くの人と知り合う為に作ったこのブログで、社会の役にたつことが出来れば幸いと考えています。今後、このような記事をたまに書くと思いますが、駄文、長文、見苦しい点多々あるとは思いますが、どうか今後とも『ふらいふぃっしんぐ雑感集』よろしくお願いします<(_ _)>明日の記事につきましては、僕のタイイングスペースが片付いたので、全貌を明らかにしたいと思いますので、お楽しみに^^
category : ニャンコ  comment : 4  track back : 0

thema:愛猫との日々 - genre:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。