category : フライグッズビルド

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告  comment : × track back : ×

新作

20080226065214
今製作中のマーカーこんな感じに作ってます(^o^)
ここからちょっと加工して、ダブルマーカーに使いやすいように考えていますが、うまくいくかどうか心配です(-o-;)
完成したら風呂でテストしようと思っています(´。`)
category : フライグッズビルド  comment : 0  track back : 0

準備開始

20080216195747
20080216195746
まずはルースニング用のマーカー作成開始です
昨年から自作していますが、今年は使い方を変えて使用することを考えています
昨年よりサイズをダウンした分感度は良くなってるはずなので、これをダブルでつけて微細なアタリをとれるように改良してみました
後は現場に行ってテストするだけなのですが、どうにも寒くて行く気になりません(-_-;)
category : フライグッズビルド  comment : 7  track back : 0

こんなの作ってます

以前からルースニング用マーカーを自作しているのですが、今回は数えること3回目の改良でようやく完成品?だと思われます^^
これは市販の発泡ボールにドリルを使ってウキゴムが入るようにしたものに、接着剤を使ってウキゴムを固定し後はこれに着色して、最後にシリコンでコーティングすれば出来上がりです。
使用感は、サイズが最小12mm(直径)からあるので場所や重さにあわせてサイズを変えたり、一番小さなものを2個つけたりと状況にあわせて使うことが可能です。感度も一番小さなものだと結構微細なアタリにも反応出来るので、結構使える物に仕上がりました^^
後はこれで釣るだけですね!
気になる値段ですが、発泡ボールは20個で各サイズ多少の値段のバラつきはありますが、概ね200円前後で買えると思われます。
結構ロスト率が高い僕には重宝しています^^
P6250599.jpg

category : フライグッズビルド  comment : 2  track back : 0

thema:フライフィッシング - genre:趣味・実用

新型インジケーター&新型フライ

こんばんはSAGEです^^
今日は、前々からアップしようとしていたのですが、仕事が立て込んでいたためにようやくアップすることが出来ましたので、新型自作インジケーター&新型フライについて書いてみようと思います。
ちなみにこのアイデアは、先々週の釣りで思いつきましたw
これを見ればあなたも爆釣出来るかもな一品なので、どうぞご覧下さい<(_ _)>
自作インジケーターと言っても多種あるとは思いますが、僕は目が悪くその上釣り場で偏光レンズをかけることも無く、ルースニングの釣りではいつも苦労しているので、大きくて軽く投げやすいと言うことで、この発泡タイプのウキを作っていますw
材料は、手芸屋さんで売っている発泡ボールと髪をとかすブラシとつまようじに好きな色のマジックとエポキシ接着材にコート材としてニスを準備しましょう^^

1 まず発泡ボールに好きな色で色を塗り乾かしておきます。
2 ブラシの先端部分を2本切り取り、まず一本入れてみて穴が貫通しているためにこのまま2本入れると動きますので、空間の部分を埋めるためにつまようじを適当な長さに切ったものを入れておきましょう。そしてつまようじを切ったものに念の為に接着剤を塗って、穴に差し込みブラシの先端を切り出したものにも接着剤を塗り、つまようじを挟み込む感じで穴に差し込み、穴の表面に肉盛りするようにして接着剤をのせておきましょう。こうすることによりすっぽ抜けることがないのと、前述したようにつまようじを入れておくことにより、ボールの中心にブラシの先端が入り込むことを防ぎます。
3 最後にニスを塗り乾いたら完成です。
自発光式インジケーター



このマーカーの利点は、なんと言っても制作費が安いことです。市販品だと2~3個で500円とかになりますが、これは発泡ボールについては、20個で200円ですが、これ以外の材料についてはかなりの数を制作してもほとんど無くならないので、実質初期費用のみで後はボール代だけで出来る点ですかね^^

そいでもってフライですが、ブログに書いたように夕マヅメってのは、アメマスもフライを見づらいようで、すれがかりが非常に多いですよね^^;そこで、目をつけたのが蛍光色とかに非常にヒットが多いということで、自発光式のフライを作成出来ない物かと物色したところ、海釣り用の発光ビーズにソフトタイプでサイズの小さいものを発見しましたので、これを従来のフライにつけてみましたwちょっと見づらいのですが、緑色のエッグの先っちょについているのがそうです。これにUVライトを当てて夕マヅメに大物が入れ食い(妄想中ww)って感じです^^
自発光式フライ

プラスアイデアなのですが、先程のマーカーにはウキゴムが必要なのですが、こいつも自発光式のウキゴムがありましたので、つけてみました^^

結果は、今週末行ければ発表しますのでお楽しみにw
category : フライグッズビルド  comment : 4  track back : 0

thema:フライフィッシング - genre:趣味・実用

今日もハンドメイドなあれを作ってみました^^

今日は、かねてより依頼のあったあれをまた作りました^^
以前の記事でも紹介したあれを僕の友人が、欲しいとのことで本日不足している材料を購入してまた作成してみました^^
それでは、レッツトライ!!
で早速ですが、あれですが、以前作成した中で僕はまだ使用していないのですが、あれとは「自作ラニヤード」です^^
作ったのが秋だったので、出番はなかったのですが、夏のちょっとした釣りなんかには最適であると思われますw
で今回作成するにあたり気を遣ったことは、自分ではなく他人が使うということで、取り回しの良さ及びデザインがシンプルでなおかつ、他人には無いものということで、前回も使用したアルファベットキューブを使用することにしました。
今回の材料は、ちょっと気を遣い手芸屋さんでも集めてみました。
手芸屋さんだと、結構品質のいい物が手に入りますし、今回使用した紐を通せるくらいの穴の開いたビーズが色々置いてありました。ペンダントトップについても、ちょっと渋めのアイテムがありましたので、今回はちょっとデザインも凝ってみました。

出来上がりはこんな感じです^^
自作ラニヤード


長いビーズは、前回は木目柄のプラスチックビーズでしたが、今回は本物の木を使ってみました♪恐らく使いこめば、深い色合いになると思いますので、長く使うのが楽しみな感じだと思います^^
メタルビーズは百均のものですが、プラスチック製なので色が多少はげるかもしれません・・・。そこは、まあアクセントってことで、ご勘弁を^^;
ペンダントトップはメタル製で結構重さがあり、重厚感があっていい感じです^^青いのはターコイズのビーズで、インディアンアクセサリー風に仕上げてみました^^
アルファベットキューブの配列は今回、一番頭を悩ませたのですが使用者のネームとホームリバーである、十勝川をあしらってみましたw

正直な話、2本目ともなると作成時間もわずかなもので、1時間かからずに出来てしまいました(^-^;
しかも、自分用に作った物より数段仕上がりが美しく、自分の中では人にあげても恥ずかしく無いものと思っております^^
後は、使ってくれる人が気に入ってくれれば御の字ですね♪

春までに自分のやつも改良して、いい物に仕上げていく予定なのでその辺は、勘弁をってことでよろしくお願いします<(_ _)>
作って欲しい人は、暇をみて作りたいと思いますので直接メールを入れてもらうか、コメントに残してください^^
って要らないか^^;
まあ、この辺は自己満足の世界ですので、ご勘弁を<(_ _)>
それでは、今日はこの辺でマタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!
category : フライグッズビルド  comment : 3  track back : 0

thema:フライフィッシング - genre:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。